夏バテはきちんと食べることで解消できます|ビタミンB1をチャージ

笑顔の男の人

話題のグリーンスムージー

飲み物

野菜を効率よくたくさん摂取する方法はいろいろあります。サラダ以外にも温野菜や油を使って調理などがあります。最近ではグリーンスムージーも人気です。グリーンスムージーを作る時にはいくつかの決まり事があります。

もっと知ろう

食生活の乱れ

野菜

食生活が乱れていて深刻な野菜摂取不足です。野菜には多くの栄養素があり様々な効果があります。一日に摂取したい野菜の量は350グラムですが、なかなか350グラム摂取するのは大変です。

もっと知ろう

魚と肉の栄養素を併せ持つ

緑のサプリメント

ユーグレナは ミドリムシのことです。多くの栄養素を持つとして最近健康食品界で話題になっています。その効果はなんといってもデトックスです。体に蓄積されている中性脂肪やコレステロールを体外へ排出してくれます。

もっと知ろう

夏の悪循環から抜けだそう

笑顔の女性

夏になんとなく元気がなくなったり、食欲がなくなったら夏バテかもしれません。夏バテになると胃も疲れて食欲が落ちてしまい、体力が無くなってしまいます。その悪循環でどんどんバテてしまうため注意が必要です。夏バテを起こす原因はいろいろあります。最近ではどこへ行ってもエアコンが効いています。そのため温度差によって体温の調整が間に合わずに自律神経が乱れます。また夏は汗を多くかきます。水分をちゃんととっているつもりでも体は脱水状態になっていることもあります。脱水状態になると体に老廃物が溜まるため、疲れやすくなったりだるく感じてしまいます。夏バテにならないためにはいくつかのポイントに気をつけることです。まずは水分をきちんと取りましょう。喉の渇きを感じてからでは遅いです。喉が渇く前に水分を摂取するようにしましょう。また暑いからといってエアコンをつけ過ぎないようにしましょう。温度差で体を疲れてしまいます。エアコンを使用する際はあまり設定温度を下げないこと。また湿度を下げるようにすると体感温度はかわるので工夫しましょう。また夏バテしないようにするには栄養バランスのとれた食事をすることです。ビタミンB1は疲労回復に効果のある栄養です。夏はビタミンB1が不足しやすいため、失ったビタミンB1を食事で摂取する必要があります。ビタミンB1はうなぎや大豆、ほうれん草に多く含まれます。意識してとるように心がけましょう。食欲が無い時は香辛料などを使って食欲を出しましょう。また暑いからといって冷たいものばかり食べたり飲んでいると胃が疲れてしまいます。適度に取るようにしましょう。